小池都知事が定例会見(THE PAGE編集部)

 東京都の小池百合子知事が、5日午後2時から定例会見を行った。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京都・小池百合子知事が都庁で定例会見(2018年1月5日)」に対応しております。

リスク対策.com:すいません、新建新聞社『リスク対策.com』の【シバ 00:11:19】と申します。17日で阪神・淡路大震災から23年を迎えますが、知事は兵庫県のご出身でさまざまなご体験をされていると思います。あらためて震災を振り返ってのコメントと、今後の防災への姿勢をお伺いしたいんですが。

小池:ご指摘ありがとうございます。95年の阪神大震災、もう本当に、特に大都市における震災という意味では本当に悲惨なものでございました。死者も6000人を超えるということで、大変な阿鼻叫喚の中、私も当時、地元選出の議員といたしましても、いろいろな、普段なら考えられないような作業などにも当たることになりました。十分なことができたとは思っておりませんけれども、逆に言えばあの災害を契機にして、いかにして国民の、そしてまた市民の、都民の命を守るかということが大切かを痛感したところであります。

【中継録画】東京都・小池百合子知事が定例会見(2018年1月12日)