小池都知事が定例会見(THE PAGE編集部)

 東京都の小池百合子知事が、19日午後2時から定例会見を行った。

   ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京都・小池百合子知事が都庁で定例会見(2018年1月19日)」に対応しております。

【中継録画】東京都・小池百合子知事が定例会見(2018年1月19日)

女性の視点を生かした防災対策に関するお知らせ

小池:だんだんなんか、ボタニカルガーデンみたいになってきましたけれども。今日はちなみに、これ、農業高校、これから視察に行くところなんですけども、農業高校のこちらにあるですね、シンビジウムとか農業高校の作品であります。このあと農業高校のほうにも伺いますので、楽しみにいたしております。

男性:農産高校。

小池:(笑)農産高校です、はい。農産高校で楽しみにしております。これから行ってまいります。すいません、じゃあ幹事社のほうに。

時事通信:じゃあよろしくお願いします。知事のほうから、発表があったらよろしくお願いします。

小池:よろしくお願いします。私のほうからは3点お伝えをいたします。まず女性の視点を生かした防災対策に関して、2点お知らせがございます。そもそもおととい、1月17日、阪神大震災から23年目ということでございます。私自身、当時選挙区、宝塚とか川西、伊丹でございまして、そしてふるさとの各地が、高速道路はぶっ倒れるわ、それからそれぞれの名物ビルなども大きく倒壊をしたり、神戸の市役所なども大変なダメージを受けておりまして、悲惨な姿、よく覚えております。

 何よりも筋によって、筋全体が崩壊したり、そうでないところは全然平気で立っていたりということで、本当に自然の、特に東京にとって学ぶべき、直下型、それも大都市ですね。やはりそれは阪神大震災にあるのかなと思っております。そこで現在、女性の視点から見た防災ブックということで、女性視点の防災ブックを作成しております。これまでも首都直下地震をはじめとする災害への備えの取り組みを進めてまいりましたけれども、よりきめ細やかな防災対策を進め、そのためには女性の視点、そして発想を生かすべきであるということから、昨年の5月に女性有識者によります委員会を立ち上げました。議会のほうからもこういった声をいただき、女性議員の方々からこういった声もいただいておりますので、それらを反映いたしまして委員会を立ち上げ、そして女性ならではの貴重なご意見をいただきまして、新しい防災ブックの作成を進めているということでございます。

 そしてその内容は3月の1日からご覧いただけるように準備をいたしておりまして、タイトルは『東京くらし防災』、サブタイトルは、私の「いつも」が、いのちを救う。このようにいたしました。要はいつもの暮らしの中でできる防災対策、これを盛り込んでおりまして、例えばもうすでにやっていらっしゃる家庭は多いかと思いますけれども、家具の転倒防止、それから日常の備蓄などの対策。避難所での子育て、防犯対策など、被災生活でのさまざまな課題への対処法を記載しているものでございます。

 また防災対策の第一歩というのは都民の皆さん自らがこの本をまず手に取っていただくということから始まると思います。そこで皆さんが身近な場所で手に取れるように、都立の施設はもちろんでございますけれども、また区市町村、それから今ここにありますように、多くの事業者の方々のご協力を得て、例えば郵便局であるとか、それから美容院にその冊子を置かせていただくとか、女性の方々の手に触れやすい場所、そこに置かせていただいて、できるだけ、まず手に取っていただいて、そのことがまず防災の対策の始まり。そして中身も、あれですね、避難所など、体育館などでもう本当に、雑居部屋みたいになるわけで、そこでの子供さんへの授乳をどうするかとか、着替えをどうするかなどなど、本当にいざとなったときは困ることってたくさんあるんですね。そんなことなどについてのいろんなノウハウ、これを盛り込んでいるわけであります。

 これらの防災を進める上で、次、2点目でありますけれども、重要なのが避難所におけます、今申し上げましたように着替え、それから授乳の問題などの災害時に発生するさまざまなニーズに対応するためには、まず防災活動の場において女性の力が必要になります。それでそれを発揮できるように取り組んでいくと。そこで都といたしまして、消防団などの地域、それから企業で防災活動の核となって活動できる、女性の防災人災育成、これを推進していきます。

 今、それぞれの地域の消防団も、できるだけ女性の団員を増やすという努力をされておられます。そういった努力と相まって、また都が後押しをさせていただくという意味で、例えば3月の3日、おひな祭りの日ですけれども、この3月3日に防災ひな祭りと題しまして、キックオフイベントを開催することといたします。そのイベントにおきましては、とても人気のあるモデルさんで、松島花さんをゲストにお迎えをいたしましてトークショーをしたり、それから避難所に行きますと、動けないで結局運動不足になりがちになって、そして中にはいわゆる、なんですか、エコノミー症候群という形になったりするので、そういう運動不足に対してどういうふうな対策を打つのか。避難生活に役立つ防災ヨガ。防災ヨガっていうのもすごいですよね。これを楽しみながら防災を学ぶということができる内容をこの3月3日、防災ひな祭りで皆さんと共に共有したいと考えております。このイベントを皮切りにして、今後また、セミナーであるとか研修会など取り組みを実施してまいります。

 万が一の災害時にも多くの女性の防災人材がリーダーさんになって、皆さんこうしましょう、ああしましょうという具体的な方がいらっしゃいますので、それぞれの地域で、1人リーダーがいるのといないのではまったく違うわけでありまして、ぜひそういう意味でこういったイベントを活用していただきたいということでございます。これ、1点目。