小池都知事が定例会見(THE PAGE編集部)

 東京都の小池百合子知事が、16日午後2時から定例会見を行った。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京都・小池百合子知事が都庁で定例会見(2018年2月16日)」に対応しております。

【中継録画】東京都・小池百合子知事が定例会見(2018年2月16日)

冊子『東京くらし防災』と東京都防災アプリの報告

小池:はい、お願いいたします。

TOKYO MX:それでは小池知事の定例記者会見を始めます。まず知事、お願いします。

小池:こんにちは。今、111.68、羽生くんの素晴らしいパフォーマンスに感動して、今ここに立っております。ぜひ、あすのフリーも頑張ってほしいし、日本勢それぞれの種目で頑張っています。ぜひそれぞれの選手が日頃の成果を、練習の成果をこの晴れの舞台で発揮してほしいと、こう思っております。

 私からは2つお知らせがございますので、そちらから始めさせていただきます。まず前にお伝えいたしましたけれども、この『東京くらし防災』、それから東京都防災アプリ、このご報告でございます。今ご覧いただいているのが、女性視点の防災ブックをお作りするということを申し上げておりましたけれども、できました。『東京くらし防災』でございます。表紙デザインもかわいくできておりますし、それから設置する場所にはこういう形で、美容院とか、女性の方々がいらっしゃる、よいしょ。はい。こういう形で、皆さんに手に取ってもらいやすい形で、少しでも多くの方々に読んでいただきたいと思います。この『東京くらし防災』ですけれども、まず身近なところから防災に取り組んでいただけるように、このように親しみやすいイラスト、そしてキャラクターを活用しておりまして、例えば片付けであるとか、トイレ、寝るときなど、いつもの暮らしの中でできる防災対策をご紹介いたしております。

 それから避難生活での防犯対策ですね。避難所に行きますとみんな雑魚寝のような状態になったりしますので、そのときの防犯対策、それからペットに対しての備えをどうするか、それから被災後の暮らし方についても被災者のリアルな声も交えながら、具体的に分かりやすくご紹介をしております。
 併せまして、目の不自由な方も、視覚に障害のある方も含めて、より多くの方に読んでいただくということで、こちらに音声コードを、このように各ページの下のところに、この音声コードがありますので、ちょっと音を出してみましょうか。

男性:例えば80ページ。液体ミルクがありますので。

小池:はい。

男性:【****マスト 00:03:08】。

音声:80ページとの【取り組み 00:03:12】乳児用液体ミルクを知っておこう。乳児用液体ミルク。【**カ 00:03:16】液体ミルクをご存じでしょうか。熊本地震の際、被災地の保育所などにフィンランドから無償で提供されたことでも話題となりました。

小池:という具合に、はい。こうやっていろいろな方々にご利用いただければと思います。それから、PRのほうですけれども、吉田沙保里さん、レスリングの吉田沙保里さんにご登場いただきまして、今後、新聞、雑誌、フリーペーパー、そしてPR映像などを使った広報を展開してまいります。3月1日から今ご覧いただいた、専用ラックにて、都内の各所に設置をいたします。ぜひ手に取っていただきたいと思います。同じように今度はスマートフォンやタブレットを使って、この防災アプリを活用していただくというご案内でございます。このアプリですけれども、遊ぶ、学ぶ、使うという3つのコンセプトの下で、事前の備えや災害時に役立つコンテンツを盛り込んでおります。

 まず、遊ぶでありますけれども、防災クイズとかシミュレーションゲーム、こういった楽しみながら防災に触れる、そんな工夫がしてあります。また、学ぶでありますけれども、『東京防災』や『東京くらし防災』を見ることができます。防災の基礎知識であるとか、発災時に取るべき行動など、学べるということに加えまして、地域の危険度を知る最新のマップも取り入れているところであります。それから、使うでありますけれども、防災マップや備蓄のチェックリストですね。それから災害情報のプッシュ配信など、平常時、そして災害時ともに役立つ機能を搭載をいたしております。この【東京アプリ 00:05:27】ですけれども、まだ使えないというか、3月1日から無料でダウンロードができるようになりますので、都の防災ホームページでもご案内いたします。こちらのほうもぜひご活用いただきたいと思います。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします