小池都知事が定例会見(THE PAGE編集部)

 東京都の小池百合子知事が、23日午後2時から定例会見を行った。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京都・小池百合子知事が都庁で定例会見(2018年2月23日)」に対応しております。

【中継録画】東京都・小池百合子知事が定例会見(2018年2月23日)

『とうきょう子育て応援ブック』について

小池:それではお願いします。

TOKYO MX:小池知事の定例記者会見を始めます。まず知事、お願いします。

小池:こんにちは。今も宮原選手、残念でしたけれども、素晴らしい戦いが繰り広げられて。あとわずかですけれども、みんなで応援したいと思います。東京の子育て支援についての情報をまとめました、『とうきょう子育て応援ブック』、こちらを作成いたしましたので、このご報告など、4点、私のほうからご報告、お伝えさせていただきます。

 まずこちらでありますけれども、『とうきょう子育て応援ブック』、これは東京の子育て支援に関する情報をまとめたものでございます。都や区市町村で子育てに関しまして、子供の年齢とか困り事の内容に合わせまして、さまざまな支援を行っておりますけれども、一方で、子育てに忙しい保護者の皆さんには、なかなかこうした支援の内容っていうのが、あまり知られていないのではないかという意見も寄せられております。

 そこで都、そして区市町村の支援内容を、それぞれ項目ごとに分かりやすくまとめました冊子、『とうきょう子育て応援ブック』を作成いたしました。この冊子の中には、例えば、近くに頼れる人がいない、子供を預かってほしい、それから子供の発育や健康などの相談に乗ってほしいなどなど、子育てのいろんな困ったという、そのことをテーマ別に、じゃあどんなサービスが受けられるのか、どこに連絡しましょう、ということを紹介しております。で、30ページ程度のコンパクトなものになっておりまして、それぞれ、こういうQRコード付きになっております。これで、携帯電話をかざしていただければ、より詳細な内容にたどり着くと。それから、そこには問い合わせ先なども、すぐに確認できるようになっておりますので、皆さんもちょっとお試しいただいて、そして、ここからまたさらに必要な情報にたどり着くという、そういう仕掛け、ご覧いただければと存じます。

 で、今年度は20万部発行いたしまして、それから、この20万部については来週の26日から順次都内の公立小学校の1年生の保護者全員に配布いたします。それから、まだ未就学のお子さまがいらっしゃる方を含めて、多くの方々にご覧いただくような工夫として、都庁の案内コーナーや、区市町村の子育て支援の窓口でも配布することといたしております。そのほか今日から都のホームページに掲載しておりますので、こちらもぜひご活用いただきたいと思います。

 子育てをしていますと、誰もが迷ったり、悩んだり、不安になるということがあると思いますが、そんなときは1人で無理せずに、ぜひ、この象さんの冊子を開いていただいて、さまざまな子育て支援のサービスをご利用いただきたいと。あなたはたった1人ではありませんよと。このつながりを、いろいろとここから探していっていただきたいと思います。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします