『DRAGON BALL』(C)バードスタジオ/集英社

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)の創刊50周年を記念した「週刊少年ジャンプ展」の第2弾「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃」が、3月19日から6月17日まで森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ)で開催される。一般公開に先駆けて、15日に開かれた報道機関向け内覧会での同展の様子を少しだけ紹介しよう。

映像やパネルで人気作品を振り返る、原画の展示も見ごたえあり

『DRAGON BALL』(C)バードスタジオ/集英社

 まずは「ウエルカムゾーン」「ウエイティング」へ。懐かしい「せんか紙」の香りと名シーンの数々が出迎えてくれる。さらに先へ進むと2つのオープニングシアターがある。「Jump Lightning」では、1990年代のジャンプの人気キャラクターが続々登場。「覚醒!伝説の超サイヤ人!!」では鳥山明先生の『DRAGON BALL』の中の悟空が超サイヤ人に覚醒した瞬間をリアル空間に再現。黄金に光輝く悟空とフリーザとの激闘を体感できる。

『ジョジョの奇妙な冒険』(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

 ジャンプ90’sヒーローズゾーンでは、『DRAGON BALL』、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(秋本治)、『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦)、『SLAM DUNK』(井上雄彦)、『幽☆遊☆白書』(冨樫義博)など、40作品以上の原画を多数展示している。作品のイメージにあわせ、趣向を凝らしたパネルや映像などの演出も見逃せない。

『SLAM DUNK』(C)井上雄彦 I.T.PLANNING,INC. /集英社

 ジャンプレコードゾーンでは、ジャンプの最大発行部数653万部を記録した1994年12月20日発売の1995年3・4合併号の巨大表紙のオブジェが登場。創刊から最大部数に至るジャンプ躍進をデータ等、当時の流行していたゲーム、ホビー、スポーツなどを『こち亀』の両さんがナビゲートするコーナーなどのほか、森田まさのり先生、冨樫義博先生、井上雄彦先生のインタビュー映像も見られる。

「Jump to 2000s」のコーナー。(C)尾田栄一郎/集英社、(C)岸本斉史/集英社、(C)久保帯人/集英社、(C)許斐 剛/集英社

 展示の最後は「Jump to 2000s」。2000年代に入ってからの大ヒット作『ONE PEACE』の尾田栄一郎先生や『NARTO』の岸本斉史先生など主力作家の初期作品の原画で締めくくられる。

 会期期中は無休。入場料は税込みで、一般/学生2000円(1800円)、高校生/中学生1500円(1300円)、4歳~小学生800円(500円)。※( )は前売り料金。

 また「JUMP 90'sCAFE」(3月17日~6月17日)、「ジャンプ図書館」(3月15日~26日、入場無料)も開催されている。