昨年、東京都葛飾区は区内を南北に走る貨物専用線(通称:新金貨物線)に、旅客列車を走らせる計画を発表しました。新金貨物線は、葛飾区の金町駅と江戸川区の小岩駅を結ぶ約8.9キロメートルの路線です。葛飾区は、そのうちの区内の金町駅―新小岩駅間約7キロメートルをLRT(Light Rail Transit:次世代路面電車)に転換した上で、旅客・貨物線として併用することを目指しています。

 かつて東京をはじめ全国各地で走っていた路面電車は、高度経済成長期に自動車が増えたことなどを理由に次々と廃止されました。一度は廃れてしまった路面電車に、再び光が当たり始めている背景はどういった理由があるのでしょうか?

葛飾区の鉄道網、実は南北方向が脆弱

新金貨物線の起点に想定されている金町駅は、葛飾区の交通の要衝地でもある

 葛飾区は、人口約46万人を擁する東京のベッドタウンです。区内にはJR常磐線や総武線、京成本線・押上線・金町線などが走っています。一見すると、葛飾区は鉄道網が充実しているように見えます。しかし、これら鉄道網は東西に延びており、葛飾区の住民が千代田区や港区、台東区といったと都心部に通勤・通学するための手段として利用されているのが実態です。

 一方、葛飾区内を南北に縦断する鉄道は、京成の金町線しかありません。これでは、区民が区役所や病院、区民センター・スポーツセンターといった公共施設を使うのに不便です。そうした脆弱な区内の南北鉄道網を補完しているのが、路線バスです。葛飾区内には都営バス・東武バス・京成バス・京成タウンバス・日立自動車・マイスカイバスの6社が路線バスを運行しています。

「葛飾区はバス事業者の数が多いので、区独自のコミュニティバスは運行していません。しかし、行政には区民の交通の便を充実させるとともに、交通空白地帯を解消しなければならない使命が課されています」と話すのは葛飾区都市整備部交通計画担当課の担当者です。

 今年1月22日から3月31日までの約2か月間、葛飾区は民間バス事業者に試験的に新しいバス路線を運行してもらう“バス社会実験”を実施しました。

 この社会実験では、JR常磐線の綾瀬駅・亀有駅から発着していたバス路線を延伸させる形で、2016年にオープンした水元総合スポーツセンターまでの新路線が設定されました。水元総合スポーツセンターは、駅から離れた場所にあります。そのため、区民にとって、アクセスしづらい環境にありましたが、バス路線の延伸で改善されたのです。

 この実験結果を踏まえ、4月から綾瀬駅・亀有駅―水元総合スポーツセンター間のバス路線が正式に定期運行されることが決まりました。