「火焔型土器・王冠型土器」の展示コーナー(新潟県十日町市博物館蔵、新潟県十日町市 野首遺跡)

 特別展「縄文ー1万年の美の鼓動」が7月3日から9月2日まで、東京国立博物館平成館(台東区上野公園)で開かれている。土器や土偶など、「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期までの日本各地から出土した約200点を展示している。また、「国宝 火焔型土器」や「国宝 土偶 縄文のビーナス」など、縄文の国宝6件がすべ揃う貴重な機会となっている(※注)。

縄文人の技術とデザイン力に脱帽 土器や土偶に見る芸術性

「遮光器土偶」宮城県大崎市蕪栗恵比寿出土、東京国立博物館蔵(左)と宮城県蔵王町鍛冶沢遺跡主出土、宮城・仙台市博物館蔵(右)

 学校の教科書で紹介されている縄文式土器は、縄目の文様のついた素焼きの壺が主流だ。当初は食材を中に入れて煮炊きをするために作られたのだが、同じ縄文時代でも時が進んで行くにつれ、棒やへらで文様を描いたり、貝殻や爪で跡をつけたりなどの工夫が見られるようになり、形も小ぶりのボウル型や吸い口が付いたものなどデザインにも繊細さが伺えるようになり、「道具から工芸品」としての発展が感じ取れる。

 同展では、縄文時代中期(前3000~前2000年)に作られた「火焔型土器・王冠型土器」(新潟県十日町市野首遺跡)の12点は大胆にも、ケースなしで展示。縄文人たちの繊細な工芸作品をノンフィルターで堪能できる貴重なコーナーとなっている。

 土偶についても、縄文草創期のものは板状や平面的で何となく人型を思わせるものから、立体感を帯びていき自立できる形が主流になってくる。時代が進むにつれて、縄文人の創作意欲がどんどん掻き立てられていったのか体に描かれる文様も、より細かく緻密に個性的が感じられるようになり、しゃがんだり、祈っているようなポーズも現れてくる。またハート型に見えるものや動物を模して作ったと思われる作品などバラエティーに富む。

 もともとは豊穣や子孫繁栄の祈りの道具として作られてきたといわれる土偶は、その形状から女性だと考えられてきた。しかし、スノーゴーグルを付けたような顔の「遮光器土偶」(縄文晩期)などは、女性の特徴も備えながらも、がっちりとして体型から男性ではないかという説もあるという。土偶もまた道具から芸術作品になり、縄文人の想像力と作品に対する愛情が随所に感じられる。