小池都知事が定例会見

 東京都の小池百合子知事が3日午後2時から都庁で定例記者会見を行った。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】東京都・小池百合子知事が都庁で定例会見(2018年8月3日)」に対応しております。

【中継録画】東京都・小池百合子知事が定例会見(2018年8月3日)

7月31日に関係局長会議で豊洲市場の安全・安心について発言

産経新聞:それでは小池知事の定例会見を始めます。冒頭、お願いいたします。

小池:はい。お暑うございます。今日は私のほうから何点かまずお伝えをすることといたします、いつものように。まず先ほど午前中でしたけれども、公明党の東京都本部に行きまして、【要請会 00:01:46】を行わせていただき、【****00:01:49】国と都政と【***00:01:53】していくためにも公明党の国政におられる議員の皆さま方にも都としての考え方、お願いということでいいコミュニケーションが取れたと、このように考えております。

 それから7月31日に関係局長会議を開きまして豊洲市場の安全・安心について発言をさせていただきましたので、あらためて申し上げておきたいと存じます。7月の中旬に追加対策工事を終えまして、そして先日、専門家会議がその有効性について確認を行っていただき7月31日の時点で都が実施した追加対策によって将来のリスクを踏まえた安全性が確保されたことを確認した旨の評価をいただいたわけでございまして、その結果といたしまして豊洲市場、産地、出荷者、市場関係者、そして消費者、全ての関係者の皆さま方に安心してご利用いただける市場、安全・安心な市場として開場する条件を整えることができたと、この旨もお伝えをしたところでございますので、あらためてこの件について述べさせていただきました。

BEYOND AWARD 2018、2018を実施

 次にオリンピック・パラリンピックの関連で幾つかお伝えしたいと存じます。まず、TEAM BEYONDでありますけれども、この一環でBEYOND AWARD 2018、2018を実施いたしますので、そのお知らせでございます。今年は好きなパラアスリートに絵と応援メッセージを送る、絵てがみ、という部門と、それから歌、ダンス、チアなどでパラアスリートを応援する音楽パフォーマンス。これを9月3日まで募集をさせていただきまして、優秀作品は10月に表彰をいたします。絵てがみ部門ですが、事前審査を通過した作品を東京駅に展示させていただきます。そして一般の方からのウェブ投票も実施いたします。そして応募いただいた絵てがみは、宛先のこの好きなアスリートのほうにお届けをするということで、みんなでアスリートの、パラアスリートの皆さん頑張ってくださいという応援であります。同じく音楽パフォーマンス部門もございまして、審査員や観客の前で実際に実演していただいて、その場で観客による投票を含みます公開審査を行うと。審査員でありますけれども教育評論家の尾木ママ、尾木直樹さん、そして振付師でタレントのパパイヤ鈴木さん、それから東京アスリート認定選手でパラカヌーの瀬立モニカさんなどにご協力いただく予定となっております。

 夏休みの間でございますので、お子さまをはじめ幅広い世代の方にぜひ好きなパラアスリートに対して応援メッセージを送ってほしいと。多くの皆さま方からのご応募をお待ちいたしております。以前から申し上げておりますようにパラリンピックの成功が東京大会の成功だと、このように確信いたしておりますので、ぜひパラリンピックのいろんな種目に皆さま方も触れていただいて、どんな選手がいるのか確認をしていただいて応援していただきたいと存じます。

 それからこちらは「創の実」というベンチャー、チャレンジショップについての。ごめんなさい、ちょっとまだございました。もう1つ、オリ・パラ関係でございます。まだたくさんありました、ごめんなさい。